So-net無料ブログ作成

青山繁晴氏のネット報道番組アンカー「アメリカの圧力で浜岡原発を止めた」実は私も関与してた [浜岡原発]


東日本大震災で私の50km北にある福島原発がレベル4の放射能漏れ!
そして震度5クラスの余震が多発する中で、稼働を続ける最も危険な原発である
浜岡原発を菅直人は停止させない!私は米国のCIAのサイトのメールフォームに
説明を書いた。するとCIAから二度も返事が来た!驚きの展開!


米国の情報網と素早い決断のシステムを垣間見る。



たった19日間の出来事なので事実のみを掲載、客観性からアリバイを重視し日付時間を明記しています。


4月18日 福島みずほ議員が国会で
http://yougen.blog.so-net.ne.jp/2011-04-19

「総理、浜岡原発を停止させてください」と言い

菅直人 「色々議論があるが福島原発が大変で落ち着いてからでないとできない、停止など現在は
考えていない」  と。


もし地震がきたら 首都壊滅の可能性があるのに、原発推進の議員からの猛反発に怖気づく、リーダーシップまったく無しのトンデモ回答には呆れるばかり。 





陰では怒鳴るくせに意思決定のできない首相には任せられないと思い。

4月20日
アメリカ国務省クリントン国務長官宛で(英文で) 浜岡原発事故による米軍基地の重大な危険性を報告
http://yougen.blog.so-net.ne.jp/2011-04-20-3  ←(必読 和訳有)


以上過去ログにあります。 返答も二度もありました。微力ながら声は届いております。





2011/4/25(月) 10:23

一度目のメールの返信がアメリカから着きました。  

どこの省からきたのかはまったくわかりません。


us-goverment-doc.jpg

(クリック 等倍)


聞かれたのは私の個人情報とメールに書いて出した入手した情報のソースです。

誰だかわかりませんが個人情報は正確に書きました。

最悪何かで後々誤認されて殺害されるかもしれない。覚悟しました。

とにかく浜岡原発は危険であると信用していただきたかった。




2011/5/5(木) 22:03 


 二度目のメールの返信がアメリカから着きました。



私はあなたのきめ細かい対応に感謝しています。

私たちは、あなたが提起されたすべての問題を認識している。

日本の人々を助けるためにあなたの国と緊密に協力しています。

緊急事態がある場合は、私たちはあなたを連絡させていただきます。

それ以外の場合は、私たちの問題に取り組む時間を確保しててください。

我々はこれ以上の情報が必要な場合は、私たちはあなたに連絡します。



このメールを読んで、一夜明けて翌日の夕方





              



2011年 5月 6日(金)17:30



48b2972e.gif




(現実かと驚きました)



ついに 「菅総理 浜岡原子力発電所 4号基 5号基 停止要請」 出ました。

ついに我々は恐怖から自由になりました。祝杯をあげた人も沢山います。おめでとうございます。



菅直人総理が私の判断でと言ってますが、

大目玉を喰らった子供のような顔で発表していました。

海江田万里、経産省大臣も以下同文。





以上のこの人達にクリントン国務長官から直接以下のような電話が来ていたはずです。

Halt immediately Hamaoka nuclear power plant No. 4 No. 5 now.


IMG_s2149.jpg


浜岡4.5号基を今直ぐ停止させなさい。




時期は5月3,4日頃
根拠は5月5日の海江田万里大臣の浜岡原発への電撃視察訪問。
海岸でのこの嘘臭いパフォーマンスの写真。



20110506k0000e040019000p_size5.jpg



そして次の5/6日夕方に菅総理停止要請です。

二週間前に国会で「色々議論がありますので停止など考えていない」と言った首相

それで、これは、エライ急いでます。どう考えても臭いです。






指揮命令系のスピードは常にテロを警戒している国ですから
スゴイ国ですね、やはりアメリカは。

私がメールしてから内容を精査し最初の返事は一週間後、
4時間後に私は2数目を直ぐ返信していますので折り返しで
最終行動まで13日目です。





「原子力発電所の安全をアメリカに管理してもらった。現在の国のトップよ恥をしれです」




しかし、一応安堵です、安堵感、安心というものは何ものにも代えがたいものです。



ちなみに私は反原発や反民主党とか政治的イデオロギーに固まっている人間ではありません。
主義主張は単純です。「健康で豊かに幸福になればいい」です。




そして停止は今週中にするでしょうから、問題は“再稼働”です。

津波対策しました、さあ再稼働は




まず米軍基地が絶対に稼働は許しませんので浜岡原発 3.4.5号基 全基の「廃炉」は完全に決定されたも同然です。


何故なら浜岡原発に地震がくると米軍基地はダーティーボムの核テロ攻撃を受けたと
同じ状態になります。


基地は160km東に位置しますがチェルノブイリの汚染の地図を載せましたので参照ください。

軽水炉の水蒸気ではそれほど飛ばないと言う方もいますが、揮発性のヨウ素、セシウムは
ここは強い偏西風がほぼ常時東方向へ吹いています。

160km先の横須賀港や東京付近くが強く汚染されるのは間違いありません。

首都に住めなくなる、首都壊滅がかなりの確率で起きます。

後で詳しく説明しますが、原発推進、反原発にかかわらず、

ここは稼働すること自体が気違い沙汰なのです。



IMG_2102.jpg




最悪なのは7隻しかない貴重な横須賀の空母が放射能汚染されたら日本を離れても使えなくなります。

空母はアメリカ国民の巨額の税金を投入してつくられたもので、空母4.5兆円 F18 戦闘機 約50機他3兆円


これ弁償支払命令が必ずきますよ!

浜岡原発の稼働再開はもう無理です。

皮肉な話、

社会党系の反対にあっていた原子力空母によってもっと、もっと危険な原発が止まるのです。




稼働決定権は地域住民のものだけではなく西風で死の灰が降る
関東圏3500万人と、中国、北朝鮮を牽制する米軍基地のものです。

廃炉しかありません。



ではこれからどうなるのでしょうか。


使いもしない防潮堤は地域経済の発展の為に御前崎市長が地元の土建屋を頼み選挙のために
絶対造るでしょう。もったいない話ですが。

そして浜岡原発稼働準備ができて終盤になったとしても


再稼働阻止は簡単できます。


たとえ50mの防潮堤ができようが 米軍は浜岡原発の再稼働には絶対にGOサインはだしません。


アメリカは既に浜岡原発の直下型地震の危険性、 つまり、原子炉とタービン建屋間に震度4程度で40回以上起きている造成された泥岩の 液状化現象による冷却用の配管破損事故。アメリカは万全の津波対策が、もし、できても M8.5の直下型地震の危険性は充分に認識しています。

また首相に圧力をかける電話が何度でもいくでしょう。浜岡原発をまた稼働させるのか
日米安全保障条約を破棄するのかと。Super301条を発動し全面的に貿易を停止にするぞと。
強烈な脅しが間違いなくるはずです。



一般人のたった一人がホワイトハウスのサイトへ行ってcontact usで次の英文のメール一本で止まります。

こういう中学英語レベルで

Emergency
Soon Restart Hamaoka Nuclear Power Station in Japan.
Increased risk of radioactive contamination in Yokosuka USA base.
Please Stop Hamaoka Immediately now.

Thank you.


浜岡原発の再起動は新聞で流れ米軍基地の人がアメリカ政府に報告するでしょうから
その必要はないかも知れません。たとえ稼働してしまっても一週間以内には絶対に止まります。






2011/5/9 18:00
浜岡原発の社長の停止要請受諾記者会見を見ました。

可哀想ですね。菅総理から米軍から要請があったと裏で説明をきちんと受けていないために、
津波対策をし原子力安全保安院がOKを出せば動くものと信じています。


が、動かせてもらえません。


菅総理 曰く 「受け入れてくれて良かったです」 2年後はどうせいませんし。

この人は指揮官でありながら相手が次に何を考えて行動していくのか 全く見せていません。結局は、ほったらかしです。







今後の浜岡原発ですが。

停止させれば崩壊熱は1日経過後には運転時出力の2%を切りますが、
そして1年後には0.2%程となります。(MITの実験) 稼働中よりは相当安全です。

5号機の売り「鉄筋コンクリート製原子炉格納容器」ではあっても地盤が脆弱である為
原子炉とタービン建屋間の配管の断裂事故が地震で26回と多発しています。


0.2%ならなんとかなるんじゃないかと思いますが、年内に
原子炉建屋内に空冷冷却装置の設置を強く望みます。





4号機
原子炉形式:BWR-5
格納容器形式:MarkI改良型
運転開始 :1993年9月3日
電気出力 :113.7万kW

5号機
原子炉形式:改良型沸騰水型(ABWR)
格納容器形式:鉄筋コンクリート製格納容器(RCCV)
運転開始 :2005年1月18日
電気出力 :138万kW - 国内の原子力発電所単体では最大出力




最も重要な地質学的事実はここの地盤は150年周期で起きている東海地震、巨大地震の
震源地の巣なのでその破壊力で固い地盤が完全に破壊されて粉々になっているという事実です。

それに対して原子炉の共振現象が地盤に耐えているように耐震設計のデータが偽造されて
国に提出されています。

http://www.news-postseven.com/archives/20110513_20215.html

それは嘘だと言う方が沢山いると思いますが。

今回停止した5号機たった震度5以下で共振現象が起きて42回の事故を起こしています。
この結果が何よりの証拠です。



この5号機いくらRCCVとカッコ付けても地盤が泥岩で丘の谷間に盛土をしているので
地震がくると液状化現象が発生します。

震度5クラスで原子炉とタービン建屋の間の配管断裂事故26回という異常な状態です。

4号機も泥岩の上にあります。震度6強で2分間振動すれば液状化は避けられません。
原子炉を冷やしている配管がこれまでの事故の結果より1m以上間違いなくズレて破断します。


直下型は最初の突き上げが凄いので制御棒が揺れている燃料棒の隙間からスーっと入る
保障はありません。驚くことにモデルを作り震度7での実証実験をしていません。
失敗すると稼働できななくなるからです。

http://www.youtube.com/watch?v=DHblqE6vGeI&playnext=1&list=PL2ED98FF9A260545E


どこが審査しているのかというと

経済産業省の原子力安全・保安委院といのは一度審査をして通ったら絶対に安全だという
誠いい加減な組織です。

武田邦彦教授 (中部大学)は以前原子力発電所の責任者で原子力安全・保安委院と
付き合った経験者。
  
日本の原発は結局震度6以上で壊れるように設計してある。
http://www.youtube.com/watch?v=gW8pfbLzbas&feature=player_embedded

「保安院という化け物」
http://takedanet.com/2011/03/post_0cc6.html

また今回の福島第一原発震度6強で復水器が使えなくなっておりこれは
武田教授がそのWEB上のどこかに書いてありますが

復水器は津波では破壊されることはないと、かなり地盤の固かった福島第一原発でも
壊れたとすると震度6ぐらいでも原発は最初から壊れるように元々設計されていると。

空冷の復水器を今回導入しましたが、壊れていたのです。予測していた事が実際起きています。

YouTubeで見たままですが、こういう説明をアメリカ国務省へ英文で送りました。


5号機が26回も事故を起こし、まだ安全だと稼働OKを出している

アメリカ国防省に経済産業省の原子力安全・保安委院を一切信用するな
と言ってあります。

防潮堤作りました横田 横須賀 座間米軍基地の安全は確保できましたと

津波対策でごまかしても米に突っぱねられるだけです。







------------------- 独立総合研究所 青山繁晴氏 の嘘を暴く -------------




        浜岡原発停止要請はアメリカの外圧が原因説

2011/5/8 (日)12:00 昼テレ朝で青山繁晴氏が「首相の浜岡原発停止要請はアメリカの圧力の影響が大きい。自分とこ
にも電話あった」「どこから?」

「うう…それはアメリカの国防省とか、いろんなところから」「ですから、時期は4月のはじめごろから

ずーっと、シールズの作戦「トモダチ作戦のこと」終わりましたよね、
あれから米軍の基地などから米の我々の関心は福島ではないと浜岡だと、4月のはじめ頃から


ずーっとアメリカから圧力がきていました。偏西風が西風でいきますから横須賀基地が使えなくなると
大変だと、米は日本の警察にもどこでも言ってますよ」


なんか内容が私のメールといっしょではないか。


なるほど....やっぱり予想通り米は大騒ぎをした。




「トモダチ作戦」の被災地での活動が4月30日で終了、この辺からって言ってましたが4月初めで
はなく月末ですから時間はアドリブかな。

4月20日以降の間違いでしょう。この人時系列の整合性がないので為嘘をいっている可能性があります。

私はいつも情報が速いという営業アナウンスのサバヨミ申告でしょう。

いつも何も証拠を提示しませんからねこの人は。ただし私は全脳内発言とは思っていません。


アメリカがいってきたのは4月20日以降だと思います。




------------------------

ここで青山氏に必ず答えて欲しい事がありますが

4月初めからアメリカからの圧力があって4月18日 福島みずほ議員が国会で

「総理、浜岡原発を停止させてください」と言い菅直人 
「色々議論があるが福島原発が大変で落ち着いてからでないとできない、停止など現在は
考えていない」  と。

18日後でも外務省から首相に声が届いていないということになります。こんな事がありえますか。

----------------------------




4月初めはまだ放射能が大変な時期で救援もピークだったと思います。

私が米にメールしたのは4月20日でその情報が伝わってアメリカ国防総省高官に知り合いのいる青山氏にフィードバックされ日本にきてたらとても光栄です。と勝手に思っています。100%わかりませんからね。

かなりの確率だと思います。



そのメールで浜岡の危険性の資料は何で勉強しましたかメールで聞かれてYouTubeの日本語を
コピペして向こうは分からないし、どうするのかなと、日系人の人がやると思ったら、
青山氏は英語が堪能なので何度も電話で質問が来たと言ってた。

もちろん僕以外の別の人の情報ソースであれ。それで青山氏Youtubeの内容とかペラペラと
返答するとアドバイス料で年10万ドルとかなるんでしょう根拠はありませんが。
独立総合研究所の売上の勘ぐりなどやめておきましょう。


さらにこれは青山氏の問題発言!「防波堤作るのに2年も3年もかからない6か月でいい。
浜岡原発を早く動かせ」となんと浜岡原発が地震で破壊するのを知らない人だ。青山と言う人
のことでアメリカにまたメールをしなくては。

と思いましたが、

青山氏が後ろから糸を引き米軍基地による絶対反対で廃炉は完全に決定された!という
トリガーを弾いたと見られると今後の原発関連の仕事に支障がある。ことは充分考えられる。


そういえば青山氏は先週最近福島第一原発の所長の吉田さんの取材もしていた。

それでなんかゴタゴタがありましたね。放射能浴びながら撮った動画を
政府内から勝手に公開するなとか言われるのは、もうこりごりでしょう。



青山繁晴氏 原発推進派を敵に回し繋がりを全部切るのは収入減になる。
これは絶対に避けなければならないと最近考えていたと見る。


-----------------------------  巻末付録  -----------------------------


青山繁晴の原子力村に寄生する私利私欲の動きが目にあまる


青山繁晴先生

防潮堤を造ればアメリカの圧力は消えて浜岡原発は再稼働できるのですか?

東海地震の震源地であり泥岩の地盤の弱い5号機は直下型で原子炉がひっくり返ると
設計者の菊池さんは言ってましたが、防潮堤を造ればその問題は解消しアメリカの
圧力もなくなるって変じゃないですか。


私は青山氏の翻訳などに頼らなくても自力でアメリカの国防省に英文で浜岡原発の
地盤に由来する過去46回もの浜岡原発の事故のデータを説明して送っています。


自分だけの情報でアメリカを信じこませコントロールしていると思い込むのは間違っています。





停止後の話








時間をシフトして下さい 6:10から

青山氏の問題発言!「防波堤作るのに2年も3年もかからない6か月でいい。電気が足りないから防潮堤を早く造って浜岡原発を動して…」途中テリーとかぶるが、浜岡原発の再稼働を明らかに勧める趣旨の発言。


中部電力の原子力15%の300万KWなど関西、九州電力の火力のフル回転で簡単にカバーできる
電力です。足りなくなるなど真っ赤な嘘です。普通国民は火力発電は原子力の倍の60%も効率が良く
原子力と違い出力可変式で電気を生み出せるなどしりませんから。


嘘で電気が足りないといいつつ原子力発電所を作ってきました。

原子力村の寄生虫達が生み出した、これは毎回使っている、騙しのテクニックで常套手段です。





テレビに出て2年後いや6か月後には浜岡原発は停止後も動く動くと、政治家、首相、中電、国民まで
信じこませ巻き込んで、防潮堤は必要だと。




この人の方法はアングロサクソン系の天才的詐欺手法を使います。


国民への公平な情報公開や正義や平等を全面にだします。今回の場合はアメリカの圧力ですよと。

この人は本当の事を言う人なんだと考えているまもなく、電気が足りないんですと(嘘)パニックにする
防潮堤つくりましょう、浜岡原発再稼働 解決と、いつの間にか、どんどん騙しの世界へ。



青山繁晴氏は原子力安全委員会の専門委員。原発のセキュリティの調査も受注をしていました。

実はビジネスで防潮堤をつくる側だったのですね。





これまでのクリーンなイメージは一挙にダーティーなイメージになりました。







浜岡原発の再稼働は米軍の要請により今後、稼動不可能なのを青山氏この人が知らない、

もしくは理解できなければ

国家安全保障の専門家青山繁晴の独立研究所の看板は即刻撤去していただきたい。



5号基が26回もなぜ事故が多いのか理解している原子力委員会の専門委員が

金が目の前にぶら下がると、防潮堤がないからだと、こうなるとは信じがたい。




トヨタの部品メーカーが逃げないように、浜岡が稼働できないのは防潮堤がないからだと、

それでアメリカが納得すると、自分の金儲けとすり替えて、それでサッサト逃げるヤツとは信じがたい。




浜岡原発を稼動させると防潮堤だけでは安全は確保できませんが、とりあえず

防潮堤のセキュリティー調査費用はおいしいので造ってほしいいとTVに出て揉み手でもしながら

言えばいい。




そしてまたあの危険極まりない首都壊滅の浜岡原発を

己の金儲けの為に虚言デマを弄して稼働させようとはこれも信じがたい。



己の東京の妻、子供の居る自宅に放射能が降るのは望みもしないはずだから

浜岡原発が稼動したら家族のため自分の為に即刻停止させようと米国務省高官へ電話しようと
計画しているとは、なお、なお、信じがたい。





こんな巨大マッチポンプは見たことがない。






「私は独立総合研究所の社長であって、国家安全保障の専門家の末端、はしくれ、として世に発信しつつ、原子力委員会の専門委員を務めている のであって、それらは不可分であり、全部 を合わせて青山繁晴です。」


腐ってもタイだと?顔はフグだね


  
       「防潮堤、建設すれば、再稼働」




       独裁者ヒットラーの言葉       「100回唱えれば真実になる」 






私利私欲で企んでいる原子力村の権力者へはこの手法で即刻壇上から奈落の底へ引きずり落としてあげましょう。

こういうヤツらに支配されるのはまっぴらごめんです。




ご静聴誠にありがとうございました m(_ _)m  忘れていました!

        世界で最も危険な浜岡原発は完全に潰れました!! 

勝利




以上無断掲載厳禁     


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

元気

はじめまして。
宗教ではないので、青山氏を信じる信じないとは申しませんが、
そもそも浜岡原発は、廃炉にすれば、安全は確保されるのでしょうか?

吉田所長と青山氏の話から、地震で原子炉が停止しても冷やさねばならないから、冷却機能を損なわないために防波堤が必要なのだと理解しました。
よって、浜岡原発を停止させても防波堤建設は早急に必要だと理解しましたが勘違いでしょうか。

廃炉については、まだ、決まって(発表されて)いませんが、
安全性が確保されるために必要な情報が公開されていない気がしています。
公開される情報に選定があるなら、とても不安です。

政府には、政権や利権よりも国民の命と財産を守ることを最優先して欲しいものです。
国民は、情報の公開を政府に要求しなければならないと思います。

ただ、(日本の安全を)アメリカの圧力に依存しなければならないなら…
それは、独立国として恥ずかしいことだと思わずにはいられません。
by 元気 (2011-05-29 19:26) 

Yougen

>吉田所長と青山氏の話から、地震で原子炉が停止しても冷やさねばなら>ないから、冷却機能を損なわないために防波堤が必要なのだと理解しました。

福島第一原発とは状況が違います。福島は原子炉建屋が崩落しているので次の津波が怖いのはわかります。

しかし福島には7mを超える巨大津波はもう千年はきません。これはデータからです。

またこれは青山氏が結論付けるのはナンセンスだと思います。
彼は地震学者でもなんでもないです。


また今回の大地震、プレートだけの滑りでは規模14mは考えられないそうで、当初3mと予想されていましたが、海底で崖の崩落が発生した為
ではないかといわれています。

現在の7m対応で大丈夫です。

---------------------

浜岡原発ですが、こちらは巨大津波も必ず来るでしょう。防潮堤は予想を超えた時点で全て無意味になります。

原子炉建屋はクラスAの密閉性と堅牢性があります。原子炉建屋内ここに空冷の冷却装置を付ければ(福島原発一号機に付けたもの)安全です。

しかし地盤がゆるく共振するので原子炉そのものがひっくり返るかも知れないと言われています。これは防潮堤があっても無くても同じ問題です。3年後に早期に燃料棒を抜いて移動させることが問題解決の方法でしょう。
今回冷温停止させたので道は開かれています。

3年後燃料棒を抜く、これもアメリカの外圧を使えばできます。まだ原子力に、青山のように、たかって生きようとする輩がいますので、何がなんでも市民が先頭になって排除し戦わなくてはいけません。


by Yougen (2011-05-30 14:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。